代表メッセージMESSAGE

Profile

代表取締役 社長  末吉 秀典

略 歴
1990年、広告代理店に入社。常にユーザーインターフェースに力点を置き、双方向マルチメディアシステムの企画・運営に携わる。その後、旅・スキー好きが高じて、インターネットでの事業化を目指す。1996年から2003年にかけて、国内大手宿泊予約サイトやスキー場サイトを総合プロデュース。2004年9月、全国の宿泊施設の集客支援や観光地域の活性化を目的に「株式会社宿泊予約経営研究所」を創設、代表取締役に就任。職業:『旅人』。を掲げ、これまでに国内外含め約4,600軒の宿泊施設の集客支援に関わる。2018年1月、宿泊施設の再生運営事業として「株式会社良地良宿」を創設、長野県の温泉旅館の運営を手掛ける。企画コンテンツである「末吉が行く!」では、現地への取材・撮影・記事構成を一貫して自らで行い、独自の視点で宿泊施設のトレンド・課題が紹介されている。

Message

職業:『旅人』

プロフェッショナルな旅人の視点で、WEB集客を支援。

私たち宿泊予約経営研究所(宿研)の使命は、 WEBメディアを通じて、宿泊施設さまの収益を最大化することです。2004年に3名の旅人から始まった宿研は、集客力向上の運営・販売促進システムを業界に先駆けて開発し、これまでに、国内・海外を合わせ約4,600軒の宿泊施設さまにご契約いただく企業に成長 しました。私たちが持つプロフェッショナルな旅人の視点、そして、培ってきたノウハウで、宿泊施設さまの経営をお手伝いします。

日本の観光業界の未来を見据えて選ばれる宿屋を。

宿研の仕事は、宿泊施設さまのWEB集客をサポートするだけではありません。宿泊施設へ敬意を表し宿泊施設を“宿屋”と呼びます。私たちは、“宿屋”とは地域の観光と密接に結びつき、文化を継承する存在だと考えています。“選ばれ続ける宿屋”とは、施設の集客や利益だけを求めるのではなく、その地域とともにある宿屋です。私たち宿研は、選ばれ続ける宿屋を創るべく、ビジネスコンサルティングや運営オペレーションの取り組みを強化しています。

2020年。真なる観光先進国へのスタート!

政府は国の成長戦略の柱の一つとして観光立国の実現を掲げ、観光立国推進基本計画に基づき、観光の裾野の拡大と質の向上を目指し動き始めています。訪日外国人向けビザの緩和、観光プロモーション強化などの施策が功を奏し、東アジアを中心として訪日外国人も記録的に増えて参りました。2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本は世界から注目されております。私たち宿研は、受入先となる宿屋における魅力を様々な角度からお客さまに訴求する取り組みを行っていきます。