導入事例WORKS

事例検索

事例別

宿タイプ

事例紹介

豊富な実績から一部をご紹介。その他の実績レポートは、 こちらからダウンロードできます。

~地方都市 ビジネスホテルさまの場合(WEBコンサルティングコース)~

◆担当者様

開業から半年と、オープンしたばかりでまだまだ認知度が低い。ウェディング主体のホテルなので設備やサービスには自信があるんだけど、半額くらいにしないと売れなくて・・・

◆宿研

具体的には「どんなお客様」に「どれくらいの価格でお越しいただきたいですか?

◆担当者様

できれば4050代の大人の方を中心に、定価の30%オフ以内の価格でお越しいただきたいですね。

◆宿研

では、まず明確なターゲットウリをハッキリさせた上で、その方々にたくさん見ていただけるように露出を高め予約を増やすことに専念しましょう。

次に、お客様が何に喜んでいるかを見極めて表現を見直します。

最後にある程度稼働率が上がったところで、値下げを食い止める策を打ちましょう。

宿研Action!

適正価格にするため、まずは予約の獲得が必須!

アクション①:【認知向上】による予約獲得

・ターゲットとウリの仮設定

来館を期待するターゲットとサービスから機能的価値情緒的価値を設定。

コンセプトは「たまには部屋から一歩も出ない休日」に沿った表現に統一。

 

・特集参画による露出拡大

初期の段階はとにかく認知拡大が重要。コストを掛けず無料で参画できる特集で露出を拡大

参画数:0件 → 参画数:27

 

アクション②:【訴求力向上】による予約獲得

・ターゲットとウリの具体化

アンケートで新たな発見も確認。満足度も高いことからさらにターゲットと提供価値を具体化。

メインターゲットは2030代カップル

提供価値は「リラックスできる観光拠点」

 

・表現方法、販売プランの見直し

具体化したターゲットと提供価値に合わせて販売プランキャッチコピーなどの表現見直して訴求力アップ。

 

キャッチコピー

【20●●年●●月OPEN 】まるで理想の自分部屋!全 6

6室のセミスイート!結婚式場最上階にある非日常の寛ぎの空間

に変更

 

アクション③:【価格調整】による単価下落の抑制

・値下げ幅の調整

予約が増えてきたところで、今まで全日50%offで対応していた直前割の値下げ幅を稼働に合わせた値下げ幅に修正。

値下げ幅の調整で室単価が前年に比べ1,957円 増加(対比107%

 

・ビジュアルの見直し

実質値上げによる予約数の減少に備え、更に訴求力を高めるため写真撮影ビジュアルの見直しを実施。

施設の特長である「お部屋」と「充実のアメニティ」をシンプルに分かりやすく表現

その結果…

露出拡大訴求力の向上による予約獲得と値下げ幅の調整により、売上前年比181%を達成。課題の単価も1,957円アップに成功!

 

運用前と運用後の売上推移

ノウハウ資料のダウンロードはこちら

検索結果に戻る