宿研通信NEWS LETTER

  • 集客の匠に訊く

多サイト展開には必須!「サイトコントローラー」について

匠が、とっておきの集客術を教えます 集客の匠に訊く

WEB集客アップを図る上で避けて通れないことの一つが、複数サイトでの販売です。
集客において、多くのお客様に見ていただく機会を増やすことは欠かせない要素です。
逆に、どんなに素敵なWEBページがあったとしても、見ていただく機会がなければ予約には繋がりません。

しかしながら、そうとわかっていても積極的にチャレンジできない理由の一つが
複数の予約サイトの管理の問題ではないでしょうか。

今回はこの複数サイト販売に欠かせない強い味方、「サイトコントローラー」について
改めてご紹介したいと思います。現在、在庫の管理をアナログでされている方は是非、ご一読ください!

 


 

サイトコントローラーって何?

サイトコントローラーとは、予約サイトで販売する在庫や料金を自動で一括管理するシステムのことです。

 

▼サイトコントローラーの基本機能はこちら

<在庫管理機能>
複数の予約サイトに提供する客室在庫を一括管理できる、代表的な機能です。
販売したい予約サイトをサイトコントローラーと連動させることで予約の出入りによる在庫調整が
自動化できます。また、直予約が入った際の返室作業を一括操作することが可能になるなど、残室管理を
大幅に効率化することが可能です。

<料金ランク設定>
客室在庫と同様に、販売料金を一括管理できます。
料金はシーズナリティに合わせて料金ランクを設定して管理するのが一般的です。

<予約管理>
予約サイト経由での予約詳細を、各予約サイトにログインせずとも、サイトコントローラーで確認することが
可能です。

<分析>
予約サイトごとの販売実績や、部屋タイプごとの販売実績・稼働実績を分析できます。
分析したデータはCSV形式でダウンロードできるため、Excelでの活用も簡単です。

 

この中でも代表的な「在庫管理機能」の詳細を、例を出しながらご説明致します。
例えば、こんな架空の宿があるとします。

【宿研旅館】
 ・和洋室のお部屋が3部屋
 ・登録している予約サイトは3つ

 

▼宿研旅館がサイトコントローラーを使わない場合

予約サイトの在庫登録は全て手作業です。
機会損失を防ぐために各サイトで3部屋ずつ販売することは可能ですが、予約が入る度に
各サイトへログインし、調整をかけなくてはいけません。
スタッフが対応できない時間帯はオーバーブッキングの恐れもあります。
ですので、多サイトで展開しても「1室ずつ出す」など、積極的に販売しづらくなります。

 

サイトコントローラーがないとき
◉ 各予約サイトの管理画面へその都度ログインして状況を確認している
 オーバーブッキングを恐れて、予約サイト毎に残室数を割り振っている
 お客様情報と在庫情報を連動して確認できない
 手元の情報と予約サイトでの在庫情報に時々差異が出る

 

 

では、この宿研旅館が「サイトコントローラー」を導入するとどのような販売方法になるでしょうか。

宿研旅館がサイトコントローラーを使っている場合

 

図のように、販売在庫数をOTAではなくサイトコントローラーで登録・管理することで
最新の情報を各サイトへ自動反映してくれます。予約が入っても、担当者に代わって他サイトの残室の修正も
管理してくれるので、業務がとても楽になります。

 

 ☟サイトコントローラーがあるとき
 ★サイトコントローラー上で各OTAの在庫状況の確認ができる
 ★どの予約サイトでも同じ残室数を販売できる
 ★キャンセルでお部屋在庫が戻っても自動で再販される(※再販を止めることも可能)
 ★PMS(台帳管理システム)と連携できるのでフロント業務が一本化する

 

サイトコントローラー導入のメリットまとめ

①販売機会の損失を防ぎ、収益最大化を図れる
複数の予約サイトで在庫を一括管理できるので、多サイトで効率的な販売が可能になります。

②作業効率が上がる
24時間各宿泊予約サイトでの残室を自動で管理できたり、PMS連動も可能。
人的コストを削減できフロントの作業効率が上がります。

 

 


 

宿研のサイトコントローラーをご紹介

宿研にも独自のサイトコントローラーがあることをご存知でしょうか。
弊社とご契約いただいている施設様で、ご希望があればご利用いただけます。
(※ねっぱん・TLリンカーン・手間いらずをご利用の場合でも運用サポートは可能です。ご相談ください。)
宿研サイトコントローラーの一番の特徴は、在庫管理に特化しているという点です。

 

宿研サイトコントローラーの主な機能

在庫調整
 シンプルなページひとつで部屋・日付ごとに部屋在庫の調整ができます。
予約検索・一覧
 連携した予約サイトからの予約詳細を期間や予約サイトなどで検索できます。
予約詳細の確認
 連携した予約サイトからの予約詳細をチェックできます。
 (予約情報・宿泊者情報・プラン情報・お部屋情報・料金情報・予約情報(予約者連絡先)・質問・備考)
予約サイト管理画面へのアクセス
 ID・パスワードの入力なしで、予約サイト(楽天トラベル・じゃらんnet)管理画面へ遷移できます。

 

予約確認、お部屋数の調整がメインのシンプルで使いやすい仕様になっています。
もちろん、スマホでも操作可能なので、外出先での確認・操作も簡単に行えます。
さらに、PMS(台帳管理システム)とも連携可能。フロント業務の効率化にも役立ちます。

 


 

さいごに

今回は、サイトコントローラーに焦点を当てて、特徴や導入のメリットについてご説明しました。
複数のサイトを効率よく販売できる、サイトコントローラーは、旅館・ホテル様の強い味方です。

 

また、宿研ではサイトコントローラーの管理ツールを使いこなすことが難しい方や、時間がなくて操作できない方でも
複数のサイト販売が出来るようにサポートしております。
例えば、サイトコントローラーの初期設定や導入後の代行作業、レクチャーの実施、普段の在庫調整や
販売期間延長作業などをお手伝いすることが可能です。

「シンプルで分かりやすく、低コストなサイトコントローラーを探している」という方は
是非宿研サイトコントローラーをご検討ください!

 

宿研サイトコントローラーとPMS連動の詳細はこちら

詳細のお問合せや、ご質問はこちら

前の記事

 

集客の匠に訊く一覧へ戻る